川崎ロータリークラブ役員紹介

川崎ロータリークラブ2019-2020年度三役



左:小林副会長 中央:守屋会長 右:鈴木幹事
2019-20年度会長方針 
会 長  守 屋 勇 志
 
2019-20年度 国際ロータリー マーク・ダニエル・マローニ会長テーマ
「ロータリーは世界をつなぐ」
ROTARY CONNECTS THE WARLD
    ロータリーの奉仕を通じて、有能で 思慮深く、寛大な人々が手を取り合い、
   行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。
2019-20年度 国際ロータリー第2590地区 轟 淳次ガバナー方針
「原点を忘れずに挑戦」
〜入りて学び、出でて奉仕せよを実践しよう〜
「世界で、地域で、そして自分自身の中で持続可能な良い社会を生む為に、人々が手を取りあって行動
する社会」を目指し活動する。また、最重要項目は会員減少を食い止め、如何にして会員増強が実のあ
るものにして行こうかという点です。第2590地区全ロータリアンのアイディアを持ち寄って会員増強
にあたってまいりましょう。
2019-20年度 地区方針
⒈改革の波を加速させ多様性のあるクラブづくりを目指しましょう。
⒉会員増強と会員維持に努めてクラブを強化し、地区会員数2100名にしましょう。
 *会員数50名以上80名未満のクラブにおいては純増5名
⒊研修の意味を改めて考え取り組むと共に、活動・行事に参加し、ロータリーを知りましょう。
⒋ロータリーをよりよく知ってもらい好循環を実現しましょう。
⒌ロータリー財団プログラムの意義を理解し、寄付に協力しましょう。
(寄付目標)
 〇年次基金寄付:一人当たり150USドル以上
 〇恒久基金寄付:(ベネファクター)
  50名以上のクラブは2名以上
 〇ポリオ・プラスの寄付:一人当たり30USドル以上
⒍ロータリー米山記念奨学事業の意義を理解し、寄付に協力しましょう。
 〇普通寄付:一人当たり5,000円以上
 〇特別寄付:一人当たり20,000円以上 合計で一人当たり25,000円以上
⒎マイロータリー(MyROTARY)に登録し、活用しましょう。
 〇会員の50%以上の登録
⒏ロータリー賞(ロータリークラブ対象)に挑戦しましょう。
以上を掲げておられます。
 
川崎RCは来年創立70周年を迎えます。伝統と品格のある川崎ロータリークラブの69代会長として
バトンを確実に次年度会長につなぎ、創立70周年という栄えある年度を会員全員でお祝いしたいと思
います。会員の皆様にはより一層のご支援、ご協力を賜ります様心からお願い申し上げます。
2019-20年度RI会長であるマーク・ダニエル・マローニ氏は会長テーマとして「ロータリーは世界
をつなぐ」を発表されました。「ロータリーで私たちは、お互いの違いを超え、深く、意義あるかたちで
お互いにつながることができる。」また、「ロータリーはロータリーがなければ出会うことがなかった
人びと、職業上の機会、私たちの支援を必要とする人たちとのつながりをもたらしてくれます。」とも
述べております。
川崎ロータリークラブ第9代会長を務められた笹部 誠氏も著書「ロータリーあれこれ」の中で、
「ロータリーとは人々が集まり、各自の品を他の人々と交換して、その経験を更に豊かにするところの
宝を持ち帰る一つ市場である。従って、例会へは各自の商品である友情、親睦、微笑及び温かい挨拶を
持って出席し、会う人毎にこれを提供し、その代わりとして、必ず到着した時よりも多くの精神的利益
を得て帰途につくに定まったものである。従って例会に出席しない人々はこの有利な交換の機会を失
うことになるのである。」と述べられロータリークラブにおける人のつながりの大切さ、について説か
れています。
私たち川崎ロータリークラブの伝統とは敬意と尊重という会員相互の「つながり」を大切にしてき
たことであり、それがあったからこそ様々な宝物を得ることができたはずです。
本年は「温故知新〜つながりあう川崎RC」を年度テーマとして川崎RCの古き良き時を尋ね求め、
70周年に向け新しきを知る年度にしたいと思います。取り巻く社会が激変する世の中であるからこそ
より強固なつながりが求められていると思います。先達たちが大切にしてきた会員同士のつながりを
更に深めるために、見直すべきものは見直し、新たなチャレンジを実行する年度にしてまいります。
1.例会    ①41例会 
2.会場監督  ①伝統的な規律ある例会 ②卓話時間の確保
3.会計    ①スマイル予算200万円 ②特別会計2(国際育英資金)設置
4.会員増強  ①純増5名 ②退会防止(ブラザー・シスター制度)
5.親睦活動  ①観劇会 ②年忘れ家族会 ③日帰り旅行 ④同好会支援
6.出席    ①出席率100%への協力 
7.プログラム ①魅力ある卓話の計画 ②テーブルディスカッション年4回開催
8.会報編集  ①週報・月報の作成 ②卓話は音声にて記録管理
9.広報・公共 ①「ロータリーの友」紹介 ②クラブの活動の外部へのPR方法を検討
10.合唱    ①楽しめる合唱 ②ピアノ伴奏
11.スマイル  ①スマイル目標200万円
12.青少年交換 ①岩田恵美梨さん(川崎市立川崎高校)をスポンサークラブとして、
         文化交流のロータリーの親善大使としドイツに派遣します。
13.職業奉仕  ①魅力ある研修による会員のスキルアップ向上
14.社会奉仕  ①川崎駅前落書き消し活動 ②「地域社会への奉仕」の例会担当
-32- 15.国際奉仕  ①カンボジアへの図書寄贈 ②ピースフィールドジャパン支援
16.クラブ国際育英
        ①1981年の創設以降、23名を支援
        ②他のクラブにはない独特な奨学金制度を更に充実させます。
17.創立70周年 ①2021年4月22日㈭